悪玉コレステロールを減少させる栄養素|体調を整えるサプリメント

運動する男女

余った脂肪

お腹を触る男性

肝臓から全身へ

細胞は全て細胞膜で覆われているのですが、その細胞膜を作るために使われているのがコレステロールです。細胞は全身に存在しているので、つまりコレステロールは、全身にとって必要なものと言えるのです。そのためコレステロールは、血液によって全身に送り込まれています。しかし全身に送り込まれたコレステロールの量が多いと、余ってしまうことがあります。コレステロールは肝臓で合成されるので、肝臓が出発地点となるのですが、余ったコレステロールは再び肝臓に戻ってくるのです。ところがコレステロールの一部は、戻らずにその場に残ってしまいます。これがいわゆる悪玉コレステロールで、増えることで体では、狭心症や心筋梗塞などのトラブルが起こりやすくなります。そのため昨今では、悪玉コレステロールが増えることを防ぐ健康食品を利用する人が多くなっています。

タウリンとEPA

具体的に、どのような健康食品を利用すれば、悪玉コレステロールの増加を抑えることができるのかというと、まずはタウリンのサプリメントです。タウリンを摂取すると、肝臓内では胆汁酸が多く作られるようになります。胆汁酸はコレステロールから作られるので、作られる量が増えるほど、肝臓内のコレステロールは少なくなります。つまり、送り出されるコレステロールも少なくなり、その結果悪玉コレステロールが増えにくくなるわけです。また、EPAのサプリメントも悪玉コレステロールの増加防止に有効とされています。EPAを摂取すると、血中のコレステロールはそれに吸着されます。そのため悪玉コレステロールとしてその場に残ることが防がれるようになるのです。