悪玉コレステロールを減少させる栄養素|体調を整えるサプリメント

ウーマン

問題なのは比率です

成人女性

善玉と悪玉に分かれます

コレステロールは、身体にとって悪いものだと勘違いされている人もいるはずです。しかしコレステロールは、私たちの身体を作りあげている60兆個を超える細胞の重要な構成成分になっているのです。人間の細胞には細胞膜がありますが、この細胞膜にはコレステロールが必要不可欠なのです。コレステロールは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分けることができ、問題なのは比率です。要するに、悪玉コレステロールの量が善玉コレステロールの量の2倍以上になると身体に悪影響が出ると考えられているのです。その悪影響とは、動脈硬化のことです。動脈硬化とは、悪玉コレステロールが細胞壁に沈着することによって動脈の柔軟性が失われ硬くなってしまう現象です。

動脈硬化が恐ろしい理由

動脈硬化が恐ろしいと言われる理由をお話しします。動脈が硬化すると、血液の流れは緩やかになることが知られています。また、悪玉コレステロール等が沈着した血管壁は管腔が狭くなり、血液の流れが滞ることと相まって血栓ができやすくなるのです。血栓がその血管を塞いでしまうこともありますし、血栓の一部が剥がれ落ち、末梢の血管を塞いでしまうこともあるのです。そうなると、塞がれた血管の下部にある組織が壊死を起こし、脳梗塞や心筋梗塞といった恐ろしい病気に結びつくことがあるのです。ですから、悪玉コレステロールの量を減らす必要が出てくるわけです。現在では悪玉コレステロールの量を減らすことが期待できるサプリメントがたくさんありますから、利用してみると良いでしょう。

余った脂肪

お腹を触る男性

細胞に使われずに残ったコレステロールを、悪玉コレステロールと言います。これが増えると、狭心症や心筋梗塞のリスクが高くなるので、多くの人がタウリンやEPAのサプリメントでそれを防いでいます。タウリンには全身に届けられるコレステロールを減らす効果が、EPAにはコレステロールを吸着する効果があるのです。

読んでみよう

コレステロールを調整する

栄養剤

悪玉コレステロール値を下げるサプリが人気の理由は、運動や食事制限が難しい方でも飲むだけで効果を出すことができるからです。今後はサプリを使って必要な栄養を取り入れ、悪玉コレステロールを低下させる人が増えると予測されます。

読んでみよう

悪いコレステロールはない

肥満な女性

悪玉コレステロールは適度に必要なものですが、増え過ぎると病気になりやすくなります。増える原因は中性脂肪ですが、コレステロールの管理を行う肝機能の方がより大切なところになります。肝機能を低下させないためにも、食事を含めた生活習慣を健康的にすると良いと思います。

読んでみよう